鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

スタッフブログ

トップページスタッフブログ

日焼けにご注意!

2012年10月26日(金)


セラミック溶射 フラックス 黒鉛製品
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

ご無沙汰投稿になりますが,今日のテーマは”反省”です。
とある特別なロールに特別な金属をプラズマ溶射している
写真です。

このとある金属が滅茶苦茶高く,ロールも大きいので
失敗する訳にはいきません(ーー;)

そういう事で,私はずっと溶射中見張りをしていました。
家に帰ると,目は真っ赤,ちょっとだけ肌が出ていた
ところが日焼け。。。夜は目が痛くて寝れず,皮は
めくれて大変でした(^_^;)

1万℃の光って怖いと改めて認識しました。ロールからの
輻射光でここまでやられるとは,部下がそんな事して
たら怒るところですが,私自身過信してやってしまった
事に猛烈反省しました。示しもつきません。。。

今後は,模範となる様頑張って行こうと思う
仕事でした(^_^;)

●特別な金属・・・焼き付きが起き難く滑りやすい!
●この仕事は無事お客様にお渡し出来ました!

株式会社日本鋳造技術研究所
平戸信一
TEL:072-361-0190
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com

サンプルって???

2012年9月11日(火)


セラミック 溶射 フラックス 黒鉛製品
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です(*^_^*)

★弊社のサンプル★
何でもそうです。
溶けた金属に入れる溶剤(フラックス)って使ってみないと 分かりません!
溶射っていう表面処理って触ってみて試験してみないと 分かりません!
除滓材や被覆材も使ってみないと分かりません!
確かに,サンプルっていう事は無料です。 弊社の材料費や人件費はかかります。
それでもお客様に知って頂くために,

★無料サンプル★を どんどん作っちゃいます(*^_^*)

************************
必ず,お客様のプラスになる物を使って欲しい!
必ず,お互いが大満足出来る様な御取引にしたい!
必ず,売りっぱなしにはしたくない!
************************

そんな思いで作らせて頂いております。。。  ご存知の人は知ってると思いますが,
今日の サンプルはMo(モリブデン)と呼ばれる金属を 溶射しています。材料も
kg当り〇万円もする様な 高価な材料です。それを使ってみたいという お客様のため
に,まずはサンプルという事で, 端材のパイプに溶射しました(*^_^*) 弊社に無い
材料は確かに厳しいですが,ある 材料については,いつでもサンプル出します!

当然,フラックスも20kg程度であればいつでも 出します。

株式会社日本鋳造技術研究所
平戸 信一
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com/

肉盛ってどういう意味???

2012年9月4日(火)
  • セラミック 溶射 フラックス 黒鉛製品
    株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です(*^_^*)
  • さてさて,人間のお肉は,勝手についてきます
    よね~(ーー;) 最近,私のお腹周りも大変な
    事になっています。。。

よく,”肉盛”ってききませんか??そりゃ
知ってる人からすれば,どうってことない
言葉ですが,知らん人からすれば???
ここで,”肉盛”ですが,読んで字の如く
肉を盛っていきます!私のお腹みたいに(>_

言葉を置き換えましょう!
肉=金属(鋼・ステンレス・銅・自溶性合金・インコネル・・・)
セラミック(アルミナ・酸化クロム(クロミア)・ジルコニア・・・)
超硬(WC(タングステンカーバイト)・・・)
盛=盛り上げる
私の体=減っている物・硬くしたい物・・・

今日の実例は”肉盛補修”なので
”減っている物”に”ステンレス”を”盛り上げて”補修する
という事です(*^。^*)
わざわざ作り直さなくても,減っているところだけ
補修しよう!って事です。下処理や加工はいりますが,
作り直したら,溶接で治すよりは,全然速くて安くて
良いですよ!

今回の実例の様に,機械のスクリュー(物を搬送するもの)の
軸が減ってしまうと,ちゃんと物をおくれなかったり,
最悪本体も痛めてしまう原因になりますので,はやく”肉”を
”盛って”上げましょう!

  • P.S.私もお腹も加工して元に戻らんかな~。。。

株式会社日本鋳造技術研究所
平戸信一
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com

セラミック溶射 黒鉛製品 フラックス
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

さてさて,明日から海外出張なので,
今日は文章だけですが、現在とある
企業様とお肉を軟らかくかつ炭火焼き
の様に香ばしく焼ける様な製品を
考察しています。

出来栄えの方は・・・・
かなり良かった様で,お肉も軟らかく,
おいしく出来たみたいですが,後は
油汚れがなかなか落ちないという所で
次の1手を考えてます!!

溶射+非粘着コーティングでかつ遠赤量
を多く発する様にやってます!

これが,出来て製品化されたら紹介させて
頂きますね(*^_^*)

株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com

 

違う形で発電に寄与(*^_^*)

2012年8月10日(金)

セラミック溶射 自溶性合金 黒鉛製品 フラックス
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

さて,暑い日が続き,電力制限等々言われて
おりますが,現在はなんとか堪えてますね。

私は政治家でもないし,思想家でもありませんが,
なんとなく今後の日本の電力市場に対して,国が
今後どうしていくか,国民がみんなそれに向かって
走れる様にリーダーシップを取って欲しいものです。

その電気の中で,もったいないな~って思うのが
ごみ発電です。もともと,ごみは燃やさないと
処分できないものですが,この時の熱量は結構
無駄に捨てられています(>_<)

熱量をもっと電気に変えたい時は,蒸気温度を
上げれば良いのですが,管腐食も速くなって
しまいます。。。これを改善できて,どこの
施設もガンガン電力作ってくれたらな~って
いう思いから,研究開発に取り組もうと思い
ます。

その第一歩として,開発助成金を取得してこれから
研究開発を進めて行きます!!
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_koho/pub1207/0730_01.pdf

少しでも原発を減らせれば・・・子供のためにも
頑張りたい研究です。。。

株式会社日本鋳造技術研究所
平戸 信一
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP: http://www.nittyu-ken.com

 

花火~溶射まで

2012年8月2日(木)
セラミック溶射 黒鉛製品 フラックス
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。
本日は,夏の風物詩の花火です(*^_^*) この花火大会は,
大阪府で毎年8月1日に開催されているPL花火大会
(正式名:教祖祭PL花火芸術) です。 実は我が家から
すぐそばで打ちあがります(^O^)/ 花火っていろんな色
がありますよね! 赤・青・黄・・・・・・ 実は,セラミック溶射
を施行する際の温度って, プラズマ溶射機を使用するの
ですが,その プラズマの炎の中心部は10,000℃を超えて
 きます(^_^;) これを色で見ると,まさしく青白い炎です!
 この高温を使って,融点(溶ける温度)が2,000℃ 近くの
セラミックを溶かして被覆していきます!
アルミナ 酸化クロム イットリア チタニア  ジルコニア・・・
ちなみに,皆さんが熱い!!って感じる色って ”赤”って思い
ませんか??? この赤はざっくりで1000℃程度なんですよね(^_^;)
 この赤色の炎を使う溶射としては,自溶性合金を 再度溶融
する時がこの程度の温度なので,材料 表面が赤くなります!
花火~溶射へのお話でした(>_<)
株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512

環境マネジメントシステム!

2012年7月26日(木)

セラミック溶射 フラックス 黒鉛製品
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

さて,本日は弊社が取得している環境マネ
ジメントについてです。

弊社が取得しているのは,KESステップ1と
呼ばれる環境マネジメントシステムで,
比較的中小企業でも取得可能な価格と内容です。

いつも思うのですが,要は社員一丸となって,
環境問題に対しアンテナを張って行動する事が
最も重要です。弊社も取得してもう3年以上
たちますが,電気使用量も15%以上削減して
おり,工場の裏には小さいですが花壇も
設置しております。

みんなが同じところに向かって進むには
ISO等もそうですが,何かこれ!っていう
目標を持つことが大切ですね(*^_^*)

私も自分の体の環境を考えてたばこを止め
ようかと考えながら投稿しております(^_^;)

株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com

 

セラミック溶射 金属溶射 黒鉛製品 フラックス
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

最近、暑いですね(^_^;)ちょっと動くと
汗がしたたり落ちます。。。

よくお問い合わせ頂くのが,
図面にメテコ16Cって書いてるけど,これって何???
なんて質問があります。

確かに分からないですよね(ーー;)
具体的には,自溶性合金と呼ばれる合金で,
Ni(ニッケル)やCr(クロム)で構成されており,その
中にSi(シリコン)やB(ボロン)が少量入った
合金の事です。

この合金を溶射した後に,バーナーで1050℃以上に
加熱すると,このSiやBが溶けて硼珪酸ガラスになり,
気孔をなくしてくれます(*^_^*)

でも・・・・・
夏場にこの作業するとバテてしまいます!

★参考
メテコ16C≒Ni基自溶性合金≒SFNi4≒16C
メテコ15E≒Ni基自溶性合金≒SFNi5≒15E
ステライトSF20≒Co基自溶性合金≒SFCo2≒SF20
ざっくりいうと,高温でも耐食性があって,耐磨耗
にも優れている合金ですね(>_<)

株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com

セラミック溶射 金属溶射 フラックス 黒鉛製品
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

さて,先日(7月4日~7月6日)の3日間で
名古屋にて表面改質展2012があり,弊社と
レーザー焼入れ屋・富士高周波工業(株)様と
イオン窒化屋・八田工業(株)様と共同で
展示会に出展致しました。

その時に,日刊工業新聞の方の取材があり,
たまたま私が近くにいたものですから,
お話しさせて頂くことになりました。

その時の記事が日刊工業新聞に記載されました(*^_^*)

新参者の私がおこがましい話ではありますが,
アップさせて頂きます(>_<)

これによって,更に身が引き締まる思いです!

株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190 FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com

 

表面改質展2012に出展中(*^_^*)

2012年7月4日(水)

 

 

 

 

 

セラミック溶射・フラックス・黒鉛製品の何でも屋
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

本日は、名古屋で開かれている
表面改質展2012年に出展中です。

結構暑くて、本日は32℃を記録した
そうですが、その暑さに勝る様に、
八田工業さんと富士高周波さんと
一緒に頑張ってます!

表面処理の3社が共同で出展している
なんて珍しいみたい(*^_^*)

このご時世、協働が重要であると
再認識した一日でした!

株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
HP:http://www.nittyu-ken.com