鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

スタッフブログ

トップページスタッフブログ20126月

弊社が溶射を始めた理由は?

2012年6月26日(火)

セラミック溶射 黒鉛製品 フラックス(Flux)
株式会社日本鋳造技術研究所の平戸です。

今日は、なぜフラックスや黒鉛加工屋が
溶射を始めたのかをお話ししたいと
思います(^_^;)。

弊社は、非鉄金属の溶解・鋳造に使用する様な
様々な物を製造しています。
例えば溶解用フラックス・鋳造用フラックス・
除滓剤・脱ガス剤・被覆材・黒鉛製品・・・・・
多岐に渡りますが、いずれも高温で使用される
様な物ばかりです。その中で、黒鉛製品や
機械部品、ロール・杓等がかなりの高温で使用
されることから、その長寿命化が熱望されて
いました。
そこで、弊社はそういった問題を解決すべく
高温で使用可能なセラミックを物質の表面に
付与したい(表面処理)思いからプラズマ溶射機
を導入するに至りました。

その当時の思いはそのままに!!、現在は様々な
物に対して溶射施工させて頂いております。

本日は、スプライン軸部への酸化クロム(セラミック)
溶射の写真です(*^_^*)

ほんと、この写真のプラズマ溶射機は2代目です。
1代目よりじゃじゃ馬です(ーー;)

株式会社日本鋳造技術研究所
TEL:072-361-0190
FAX:072-361-2512
E-mail:hirato-sni@nittyu-ken.com
H.P.:http://www.nittyu-ken.com